債務整理後はいつからクレジットカードやローンを利用できる?

債務整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードやローンが使えなくなる、という情報を見たことがあるという人は多いと思います。

ここでは、債務整理をすると具体的にいつからクレジットカードの利用などができなくなるのか、再びクレジットカードの利用などができるようになるのはいつからかを説明していきます。

債務整理するといつからクレジットカードやローンが使えなくなる?

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、まず「受任通知」という、これから債務整理を始める旨を伝える通知が会社側に送られます。

会社側は受任通知を受け取ると、すぐにクレジットカードやローンを利用停止にします。

さらに、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に、この人は支払いができずに債務整理をした、という情報を登録します。

信用情報機関に加盟している会社はその情報を見ることができるので、受任通知の後は債務整理の対象とした会社以外の会社も、いつからクレジットカードやローンが利用停止になってもおかしくない状態になります

債務整理後再びクレジットカードやローンが使えるようになるのはいつから?

信用情報機関に登録されている情報は永久に消えないわけではなく、任意整理であれば5、個人再生や自己破産であれば510が経過すれば、債務整理の情報が削除されて再びクレジットカードやローンが利用できるようになります。

信用情報機関から債務整理の情報が削除されたかどうかを確認するには、信用情報機関に信用情報の開示請求を行う必要があります。

信用情報機関にはJICCCICJBAKSC3つがあり、JICCCICはインターネットでの開示請求に加えて郵送と窓口での開示請求を受け付けています。

JBAは郵送でのみ信用情報の開示請求を行うことができます。

確実にクレジットカードを作ったりローンを組んだりしたい人は、審査を受ける前にまず信用情報の開示請求をしておくとよいでしょう。

まとめ

債務整理を始めると、まず会社側へ受任通知が送られます。

受任通知を受け取った会社はすぐにクレジットカードやローンを利用停止にしたうえ、信用情報機関に債務整理の情報を登録します。

そのため、受任通知の後はどの会社もいつからクレジットカードやローンが利用停止になってもおかしくない状態になります。

債務整理の後は、任意整理であれば約5年、個人再生や自己破産であれば約510年が経過すると、再びクレジットカードやローンが使えるようになります。

確実に審査に受かりたければ、あらかじめ信用情報機関に信用情報の開示請求を行うとよいでしょう。