任意整理の経験者はクレジットカードやローンを利用できない?

「任意整理をするとクレジットカードやローンを利用できなくなる」という情報を見たことがある人は多いと思います。

実際には、任意整理の経験者でも一定期間が経てば任意整理をする前と同じ状態に戻るので、クレジットカードやローンを利用できるようになります。

ここでは、任意整理の経験者がクレジットカードやローンを利用できない期間について説明したうえで、不便さを感じずに生活するためのコツも併せて紹介していきます。

任意整理の経験者がクレジットカードカードやローンを利用できない期間

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングで新規に借金をすること、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になること、賃貸契約を結ぶときに信販系の保証会社を利用することができなくなります。

しかし、任意整理の経験者だからといって、永久的に制限を受け続けるわけではありません。

任意整理でブラックリストに載る期間は5年間で、この期間が過ぎると信用情報機関に登録された情報が削除され、元通りにクレジットカードの利用などができるようになります。

任意整理の経験者が不便さを感じずに生活するコツ

任意整理の経験者の大半が実践していることですが、クレジットカードが使えなくなるので、代わりとして使えるデビットカードやプリペイドカードを作っておくと便利です。

デビットカードとは、支払いをすると即座に口座から代金が引き落とされるカードです。

一方、プリペイドカードとは、SUICAのようにあらかじめお金をチャージしておくことで、チャージした金額のぶんだけ支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBなどのブランドのものがあり、分割払いはできないものの、クレジットカードと似た使用感で使うことが可能です。

まとめ

任意整理の経験者は約5年間ブラックリストに載り、クレジットカードの利用や新規の借金、分割払いでモノを買うことなどができなくなる制限を受けます。

任意整理の経験者が実践しているブラックリスト対策として、デビットカードやプリペイドカードを作っておき、クレジットカードの代わりとして使うという方法があります。

任意整理のデメリットは5つだけ!賢くデメリットを軽減しよう

借金問題に苦しむ人の中には、「任意整理をしたいけれどデメリットが気になってできない」という人も少なくないと思います。

この記事では、任意整理のデメリットが気になる人にこそ読んでほしいと考え、任意整理にはデメリットが5つあることと、最大のデメリットであるクレジットカードの利用停止にはいくつかの対策ができることを説明していきます。

任意整理の5つのデメリット

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」という機関に任意整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。

ブラックリストになると、クレジットカードが利用停止になる、ローンやキャッシングで借金ができない、スマホなどの分割払いができない、借金の保証人になれない、信販系の家賃保証会社が利用できないという5つのデメリットを受けることになります。

任意整理で最大のデメリット「クレジットカード利用停止」の対策

任意整理をすると、今持っているクレジットカードがすべて利用停止になり、新規でクレジットカードを発行してもらうこともできなくなります。

そのため、公共料金やスマホ代などの毎月の支払いをクレジットカード払いにしている人は、任意整理する前に支払方法を口座引落やコンビニ払いなどに変更しておきましょう。

また、インターネット決済などでクレジットカードを使うことが多い人の場合は、デビットカードやプリペイドカードを作っておくことで、クレジットカードが使えない不便さを軽減することができます。

デビットカードは支払いをするとすぐに口座から代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードはあらかじめチャージしておいた金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBといったメジャーなブランドのものがあり、クレジットカードと大きさや見た目も変わらないので、分割払いやリボ払いができないということを除けば、同じような使用感で使うことができます。

まとめ

任意整理をするとブラックリストに載るため、クレジットカードの利用停止、ローンやキャッシングで借金ができない、分割払いができない、保証人になれない、信販系の家賃保証会社が使えないという5つのデメリットを受けます。

そのうち、クレジットカードの利用停止については、毎月の支払いは事前に口座引落などに変更しておくことと、デビットカードやプリペイドカードを作ることで、不便さをかなり軽減することが可能です。

債務整理とは?国が認めた正式な借金減額の手続き

このページを見ている人の中には、返しきれない借金を抱えて「なんとか返済方法を見つけたい」と思っている人も少なからずいると思います。

借金が返済できそうにない場合、「債務整理」という方法で借金減額をしてもらうことが可能です。

債務整理とは国が認めた正式な借金減額の手続きなので、安全に借金問題を解決することができるのです。

債務整理とは?法律で認められている借金減額の方法

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産3種類があり、どれも国が正式に借金減額の手続きとして認めている方法です。

債務整理は法律的な裏付けのある正式な手続きですので、安心して借金減額をしてもらうことができるのです。

一般的には、債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うことになりますが、本人に難しい知識は必要なく、手続きの大部分は弁護士や司法書士が行ってくれます。

任意整理とは?最も簡単にできる債務整理

任意整理とは、弁護士や司法書士に自分の代理人としてお金を借りた会社と交渉してもらい、利息・遅延損害金の全額カット返済期間の延長(60回払い程度)を実現する債務整理です。

任意整理は、正式に依頼した後で本人がやらなければならないことがほとんどなく、デメリットも少ないため、最も手軽にできる債務整理であると言えます。

★個人再生とは?元本を大幅に減額してもらえる債務整理

個人再生とは、裁判所に申し立てて借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、35年かけて返済していく債務整理です。

個人再生では任意整理よりも大きな借金減額効果が見込めるので、利息のカットだけでは完済できないという借金も完済することが可能です。

自己破産とは?借金そのものがなくなる最強の債務整理

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金などの支払義務を免除してもらう債務整理です。

他の債務整理と違って借金が0円になるため、収入が少ない人やまったくない人でも自己破産を利用すれば借金問題を解決できます。

まとめ

借金を返しきれない場合、国が認めた正式な借金減額の手続きである債務整理を利用することで、完済への道を開くことができます。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、いずれも弁護士や司法書士に依頼して行うことがほとんどです。

任意整理は最も手軽にできる債務整理、個人再生は元本を大幅に減額できる債務整理、自己破産は借金そのものをなくせる債務整理といったように、債務整理にはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあるので、自分に最も合ったものを選ぶのが大切です。

三重で債務整理におすすめの弁護士

借金問題は親に相談したほうがいい?しないほうがいい?

借金を抱えて悩んでいる人の中には、親に相談するべきかどうか迷う人も少なくありません。

しかし、筆者としては「借金問題は親に相談するより債務整理したほうがいい」と考えています。

本当に親に相談するべきなのは借金のことより将来のことであり、借金の問題を片付けてからでも話をするのは遅くないからです。

借金問題は親に相談するより債務整理を考えよう

まず、日本の家庭では一般的にお金の話をすることが良いことだと思われていない傾向があります。

そのため、借金のことやお金の悩みを親に話すと、親も困惑してトラブルに発展してしまうことが少なからずあるのです。

一方、優しい親であった場合は、「自分が代わりに借金を返す」という流れになってしまい、親に大きな負担をかけることになってしまいます。

自立した大人であれば、自分の問題は自分で片づけたいですよね。

そういうときに利用できるのが、国が認めた正式な借金減額の手続きである「債務整理」です。

債務整理は弁護士や司法書士に相談して行うことになりますが、相談は無料でできるところが多いので、まずはそれを利用してみるといいです。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類がありますが、自分の収入や状況を話せば最適なものを教えてもらえます。

親に相談するのは借金のことより将来のこと

親に隠し事をするのは後ろめたいという人は、債務整理で借金問題に一段落ついた後で親に相談してみてもよいでしょう。

きちんと自分の落とし前は自分でつけた後での話ですから、借金を抱えたままの状態のときよりも晴れ晴れした気持ちで話せると思います。

父親と今後の仕事について話してみてもいいし、母親と家計の話をしてみてもいいでしょう。

年の功である親の話を参考にすれば、借金体質から抜け出しやすくなるかもしれません。

まとめ

借金問題を自力で解決するのが難しい場合でも、すぐに親に相談するのは避けたほうがいいでしょう。

困惑した親とトラブルになったり、親に精神的・金銭的な負担をかけてしまったりすることになりかねないからです。

むしろ弁護士や司法書士に相談して債務整理をしたほうが、借金という根本的な問題を早く解決できます。

親に相談するのは、債務整理が一段落してからで良いと思います。

年の功を借りて、将来のことを話し合ってみるのもよいでしょう。

借金地獄で苦しい女性が借金完済するための2つのステップ

借金は男性だけのものではありません。女性であっても借金を抱えてしまい、苦しい生活を送っている人はたくさんいます。

女性は平均的に見て男性より収入が少ない反面、支出は結構多かったりするので、まずは節約をするのがとても重要です。

「節約だけでは借金完済は無理!」という人は、債務整理を利用することも検討してみてください。

女性の借金返済では節約が超重要

厚生労働省の調査によると、平成29年の平均月収は男性が335500円、女性が246100円と、女性の方が男性よりも約9万円少なくなっています

でも、女性というのはファッションや化粧品、外食や交際費、習い事の費用など、どうしても男性より支出が多くなってしまうもの。

そんな中で借金返済のお金を工面しないといけないので、「家計が苦しい!」と感じてしまう人も少なくないでしょう。

そこで、まずは家計簿をつける習慣を始めてみてください。日付と用途と金額を記入していくだけの簡単なもので構いません。

自分が何にお金を使っているか正確に把握すれば、「ここにお金を使い過ぎているな」「ここは節約できるな」というところがわかってきます。

コンビニで買い物していたところをスーパーで買うようにするなどですね。

そうした節約の積み重ねで、家計は少しずつ楽になっていきます。

女性でも気兼ねなくできる!借金減額の手続き「債務整理」

節約だけでは借金を完済できそうにないという人は、国が認めている借金減額の正式な手続きである「債務整理」を利用するのも手です。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があるのですが、特に任意整理は弁護士などに依頼するだけで手続きができるので簡単に借金を減らせます。

「弁護士って怖い」「女性でも大丈夫?」と心配になるかもしれませんが、債務整理を専門としている弁護士は親切な人が多いので、勇気を出して相談してみてください。

まとめ

女性は男性よりも平均月収が約9万円少ないですが、ファッションやメイク、交際費、習い事など支出は少なくない場合が多いです。

まずは簡単な家計簿をつけて、自分がどこにお金を使い過ぎているか把握したうえで、コンビニではなくスーパーを利用するなど賢く節約してみましょう。

節約だけでは借金完済できないという場合には、国が認めた正式な借金減額の方法である「債務整理」を検討するのも手です。

債務整理は弁護士などに相談すればできるので、どうしても返済が苦しいという人は一度相談してみるといいですよ。

借金返済はおまとめローンで楽になる?

借金返済が苦しくて解決方法を調べた人の中には、「おまとめローン」を使うという方法を見つけた人も少なからずいると思います。

実は、おまとめローンを使っても返済が楽にならないケースというのはあります。

また、おまとめローンは安定した収入がある人しかできないので、利用できない人も多いというのも事実です。

★おまとめローンを使うと借金はどれくらい減らせるか

おまとめローンとは、複数の借金を一括で返済できるだけのお金をまとめて借り、以降はローン会社にのみ返済を行っていくという形のローンです。

例えば、アイフルから70万円、アコムから80万円、アプラスカードから50万円の合計200万円を借金した場合、一般的な例でいうと毎月の返済額は72000円程度になります。

ここでプロミスのおまとめローンを利用し、返済期間が5年となった場合、毎月の返済額を48000円まで減らすことが可能です。

このように、おまとめローンを利用すると、借金の返済を一本化することで毎月の負担額を減らせる可能性があるのです。

おまとめローンで借金を一本化するデメリット

ただし、おまとめローンにも利息はつくので、返済期間が延びることによって返済総額が増えてしまうというデメリットはあります。

さきほどの借金200万円の例でいうと、おまとめローンを使う前の返済総額は260万円程度ですが、おまとめローンを使うと返済総額は約284万円になり、約24万円余分に利息を払うことになります。

また、ほとんどの場合、おまとめローンは安定した収入がないと利用することができません。

ですので、おまとめローンを利用することで返済総額が増えると困るという場合や、安定した収入がないのでおまとめローンは利用できないという場合は、債務整理を検討したほうがよいでしょう。

債務整理では、借金の利息を全額カットしてもらったり、元本を減額してもらったり、借金そのものをなくしてもらったりできます。

弁護士などに依頼すればやり方を教えてもらえるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

おまとめローンで借金を一本化すると、毎月の返済額を小さく抑えて返済の負担を軽減できる可能性があります。

しかし、おまとめローンにも利息はつくので、返済期間を長期に設定した場合、返済総額は今より増えてしまう場合も多いです。

また、安定した収入がない人はおまとめローンを利用できません。

おまとめローンを使うことができない人は、借金減額のための正式な手続きである債務整理を検討したほうがよいでしょう。