任意整理後も携帯やスマホを使いたい人が気を付けること

「任意整理をするとブラックリストに載る」という情報は広く知られているので、「任意整理をすると携帯やスマホが使えなくなるのではないか」という不安を持っている人は少なからずいます。

任意整理でそれまで使っていた携帯やスマホが使えなくなることは確かにあるのですが、やり方に気を付ければ携帯やスマホを使い続けながら任意整理することは十分に可能です。

携帯やスマホの利用料を任意整理の対象にするとどうなる?

携帯代やスマホ代に滞納がある場合、滞納を任意整理の対象に含めることで、遅延損害金(延滞金)を0円にしてもらうことなどができます。

ドコモ払い、auかんたん決済、まとめて支払いなどの「キャリア決済」「スマート決済」で使い過ぎてしまった料金も、任意整理の対象にすることは可能です。

ただし、携帯代やスマホ代を任意整理の対象とした場合、電気通信事業者協会(TCA)に任意整理の情報が登録されて「TCAブラック」になるため、どこの携帯会社でも一定期間、回線契約ができなくなります

なお、任意整理の対象とした携帯会社では、永久的に任意整理の情報が登録される「自社ブラック」という状態になるため、TCAブラックが解除されても携帯電話の新規契約ができません

携帯代やスマホ代はできるだけ任意整理の対象から外そう

任意整理では、対象に含める借金や支払いを自由に選ぶことができるので、携帯代やスマホ代を対象から外し、他の借金のみを整理することが可能です。

ですので、銀行やクレジットカード会社、消費者金融からの借金のみを任意整理で減額してもらい、家計に余裕を作ることで、携帯代やスマホ代の滞納を解消できるようにすることをおすすめします。

任意整理後は携帯やスマホの分割購入ができなくなる

任意整理をすると、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、約5年間ブラックリスト状態になります。

ブラックリストに載っている間は、携帯やスマホの分割購入ができません。

この場合は、本体代を一括払いで支払えば、携帯やスマホの回線契約自体はできます。

まとめ

携帯やスマホの利用料に加え、スマート決済やキャリア決済と呼ばれる支払いも、任意整理で遅延損害金カットなどの措置を取ってもらうことは可能です。

ただし、携帯やスマホを任意整理するとTCAブラックになって一定期間回線契約ができなくなるうえ、任意整理の対象にした携帯会社では自社ブラックになるため、永久的に携帯やスマホの契約ができなくなります。

また、任意整理後は信用情報機関でもブラックリスト状態になるため、携帯やスマホの分割購入が約5年間できません。