任意整理のデメリットは5つだけ!賢くデメリットを軽減しよう

借金問題に苦しむ人の中には、「任意整理をしたいけれどデメリットが気になってできない」という人も少なくないと思います。

この記事では、任意整理のデメリットが気になる人にこそ読んでほしいと考え、任意整理にはデメリットが5つあることと、最大のデメリットであるクレジットカードの利用停止にはいくつかの対策ができることを説明していきます。

任意整理の5つのデメリット

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」という機関に任意整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。

ブラックリストになると、クレジットカードが利用停止になる、ローンやキャッシングで借金ができない、スマホなどの分割払いができない、借金の保証人になれない、信販系の家賃保証会社が利用できないという5つのデメリットを受けることになります。

任意整理で最大のデメリット「クレジットカード利用停止」の対策

任意整理をすると、今持っているクレジットカードがすべて利用停止になり、新規でクレジットカードを発行してもらうこともできなくなります。

そのため、公共料金やスマホ代などの毎月の支払いをクレジットカード払いにしている人は、任意整理する前に支払方法を口座引落やコンビニ払いなどに変更しておきましょう。

また、インターネット決済などでクレジットカードを使うことが多い人の場合は、デビットカードやプリペイドカードを作っておくことで、クレジットカードが使えない不便さを軽減することができます。

デビットカードは支払いをするとすぐに口座から代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードはあらかじめチャージしておいた金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBといったメジャーなブランドのものがあり、クレジットカードと大きさや見た目も変わらないので、分割払いやリボ払いができないということを除けば、同じような使用感で使うことができます。

まとめ

任意整理をするとブラックリストに載るため、クレジットカードの利用停止、ローンやキャッシングで借金ができない、分割払いができない、保証人になれない、信販系の家賃保証会社が使えないという5つのデメリットを受けます。

そのうち、クレジットカードの利用停止については、毎月の支払いは事前に口座引落などに変更しておくことと、デビットカードやプリペイドカードを作ることで、不便さをかなり軽減することが可能です。