任意整理の経験者はクレジットカードやローンを利用できない?

「任意整理をするとクレジットカードやローンを利用できなくなる」という情報を見たことがある人は多いと思います。

実際には、任意整理の経験者でも一定期間が経てば任意整理をする前と同じ状態に戻るので、クレジットカードやローンを利用できるようになります。

ここでは、任意整理の経験者がクレジットカードやローンを利用できない期間について説明したうえで、不便さを感じずに生活するためのコツも併せて紹介していきます。

任意整理の経験者がクレジットカードカードやローンを利用できない期間

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングで新規に借金をすること、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になること、賃貸契約を結ぶときに信販系の保証会社を利用することができなくなります。

しかし、任意整理の経験者だからといって、永久的に制限を受け続けるわけではありません。

任意整理でブラックリストに載る期間は5年間で、この期間が過ぎると信用情報機関に登録された情報が削除され、元通りにクレジットカードの利用などができるようになります。

任意整理の経験者が不便さを感じずに生活するコツ

任意整理の経験者の大半が実践していることですが、クレジットカードが使えなくなるので、代わりとして使えるデビットカードやプリペイドカードを作っておくと便利です。

デビットカードとは、支払いをすると即座に口座から代金が引き落とされるカードです。

一方、プリペイドカードとは、SUICAのようにあらかじめお金をチャージしておくことで、チャージした金額のぶんだけ支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBなどのブランドのものがあり、分割払いはできないものの、クレジットカードと似た使用感で使うことが可能です。

まとめ

任意整理の経験者は約5年間ブラックリストに載り、クレジットカードの利用や新規の借金、分割払いでモノを買うことなどができなくなる制限を受けます。

任意整理の経験者が実践しているブラックリスト対策として、デビットカードやプリペイドカードを作っておき、クレジットカードの代わりとして使うという方法があります。