個人再生で家は残せる?自宅を手放さずに借金減額する方法とは

個人再生には借金の元本を5分の1程度に減額してもらえるという大きなメリットがありますが、個人再生しても家を残せるのかどうかが気になるという人は多いです。

実際のところ、住宅ローンが完済している家を残すのは難しいですが、住宅ローンの返済が終わっていない家は残すことができます。

住宅ローン完済後の家を残して個人再生するのは難しい

個人再生では、借金減額後の返済額の基準が借金額によって異なります。

例えば、借金が1000万円の人なら、返済額の基準は200万円となります。

さらに、個人再生をする本人が持っている財産をすべてお金に替えた場合の金額も計算され、上述の返済額の基準と比較して高い方が返済額として確定されます。

住宅ローンが完済している家は財産の一部とみなされるため、1000万円の借金を抱えている人が1500万円の家を持っているケースだと、借金はまったく減らないことになります。

住宅ローンの完済前の家は残して個人再生できる

個人再生は裁判所を通す法的な手続きとなるため、通常であれば特定の借金のみを対象から外すといったことはできません。

また、住宅ローンを個人再生の対象とした場合、ローン完済前の家はローン会社に回収されることになります。

しかし、個人再生には「住宅ローン特則」という制度があり、利用すると完済前の住宅ローンを例外的に個人再生の対象から外すことができます

こうすることで家を手放さずに個人再生をすることができますが、減額された借金の返済と住宅ローンの支払いが重なるので、返済計画はしっかり練っておいた方がよいでしょう。

ローン残高よりも家の価値が高い場合の個人再生

住宅ローンの返済が終わりかけている家や、もともと資産としての価値が高い家の場合など、住宅ローンの残高よりも家の価値のほうが高くなっている場合、差額が財産扱いになって、個人再生での借金減額に影響が出ます

例えば、住宅ローンの残高が800万円だけれども家の時価が1200万円の場合、持ち主は400万円の財産を持っているとみなされます。

上述の通り、財産がある人は最低でも財産の価値分は返済しなければならないため、上の場合だと借金額400万円以下の人は借金がまったく減らないことになってしまいます。

まとめ

個人再生では持っている財産の価値分は返済しなければならないというルールがあるため、ローン完済後の家がある人は借金がまったく減らない場合が多いです。

一方、ローン完済前の家は住宅ローン特則を利用して残したまま個人再生できます。

ただし、住宅ローンの残高よりも家の価値が高い場合、差額は財産扱いになります。