個人再生のデメリットまとめ!保証人への影響やローンについて

個人再生は借金の元本を大幅に減額できるという大きなメリットがある手続きですが、デメリットが気になって個人再生に踏み切れないという人は多いと思います。

ここでは、保証人への影響やローンについてなど、個人再生のデメリットをまとめていきます。

個人再生のデメリットは保証人に迷惑がかかること

個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きなので、特定の借金のみを対象から外すといったことはできません。

そのため、保証人付きの借金がある人が個人再生をすると、必ず保証人付きの借金も整理されることになり、結果として保証人に一括払いで借金の請求がいきます

特に人的保証で借りた奨学金などは当てはまる人も多いので注意が必要です。

保証人に迷惑をかけたくない場合は、整理する対象を自由に選べる任意整理を利用するのがよいでしょう。

自動車ローン完済前の人が個人再生するとデメリットを受ける

自動車ローンが完済前の人の場合、個人再生を行うと自動車ローンも整理され、車が引き揚げられてしまうというデメリットがあります。

この場合も、任意整理を利用することで車を残したまま借金を減額してもらえます。

一方、完済前の住宅ローンの場合だと、「住宅ローン特則」を利用すれば持ち家を手放さずに個人再生することが可能です。

財産が多い人は個人再生で借金が減額されないというデメリット

個人再生では借金額に応じて返済額の基準が設定されていて、目安として元本が5分の1程度に減額されるのですが、財産がある人の場合は財産を売却処分したときの金額までしか借金が減額されません

例えば、同じ300万円の借金がある人でも、財産が無い人は借金を100万円まで減額してもらえるものの、120万円のバイクを持っている人は120万円までしか借金を減額してもらえません。

個人再生するとブラックリストによるデメリットを受ける

個人再生をすると、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に個人再生の情報が登録され、クレジットカードを使ったり、ローンやキャッシングで借金をしたりといった、信用が必要な一部の取引ができなくなります

個人再生の場合、ブラックリストによるデメリットは510年間続きます。

まとめ

個人再生では整理する借金を選べないので、保証人に迷惑がかかったり、ローン完済前の車が引き揚げられたりといったデメリットがあります。

また、財産がたくさんある人は個人再生で減額してもらえる借金額が小さくなるというデメリットや、ブラックリストに載って一部の取引ができなくなるというデメリットもあります。