借金問題は親に相談したほうがいい?しないほうがいい?

借金を抱えて悩んでいる人の中には、親に相談するべきかどうか迷う人も少なくありません。

しかし、筆者としては「借金問題は親に相談するより債務整理したほうがいい」と考えています。

本当に親に相談するべきなのは借金のことより将来のことであり、借金の問題を片付けてからでも話をするのは遅くないからです。

借金問題は親に相談するより債務整理を考えよう

まず、日本の家庭では一般的にお金の話をすることが良いことだと思われていない傾向があります。

そのため、借金のことやお金の悩みを親に話すと、親も困惑してトラブルに発展してしまうことが少なからずあるのです。

一方、優しい親であった場合は、「自分が代わりに借金を返す」という流れになってしまい、親に大きな負担をかけることになってしまいます。

自立した大人であれば、自分の問題は自分で片づけたいですよね。

そういうときに利用できるのが、国が認めた正式な借金減額の手続きである「債務整理」です。

債務整理は弁護士や司法書士に相談して行うことになりますが、相談は無料でできるところが多いので、まずはそれを利用してみるといいです。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類がありますが、自分の収入や状況を話せば最適なものを教えてもらえます。

親に相談するのは借金のことより将来のこと

親に隠し事をするのは後ろめたいという人は、債務整理で借金問題に一段落ついた後で親に相談してみてもよいでしょう。

きちんと自分の落とし前は自分でつけた後での話ですから、借金を抱えたままの状態のときよりも晴れ晴れした気持ちで話せると思います。

父親と今後の仕事について話してみてもいいし、母親と家計の話をしてみてもいいでしょう。

年の功である親の話を参考にすれば、借金体質から抜け出しやすくなるかもしれません。

まとめ

借金問題を自力で解決するのが難しい場合でも、すぐに親に相談するのは避けたほうがいいでしょう。

困惑した親とトラブルになったり、親に精神的・金銭的な負担をかけてしまったりすることになりかねないからです。

むしろ弁護士や司法書士に相談して債務整理をしたほうが、借金という根本的な問題を早く解決できます。

親に相談するのは、債務整理が一段落してからで良いと思います。

年の功を借りて、将来のことを話し合ってみるのもよいでしょう。