借金返済はおまとめローンで楽になる?

借金返済が苦しくて解決方法を調べた人の中には、「おまとめローン」を使うという方法を見つけた人も少なからずいると思います。

実は、おまとめローンを使っても返済が楽にならないケースというのはあります。

また、おまとめローンは安定した収入がある人しかできないので、利用できない人も多いというのも事実です。

★おまとめローンを使うと借金はどれくらい減らせるか

おまとめローンとは、複数の借金を一括で返済できるだけのお金をまとめて借り、以降はローン会社にのみ返済を行っていくという形のローンです。

例えば、アイフルから70万円、アコムから80万円、アプラスカードから50万円の合計200万円を借金した場合、一般的な例でいうと毎月の返済額は72000円程度になります。

ここでプロミスのおまとめローンを利用し、返済期間が5年となった場合、毎月の返済額を48000円まで減らすことが可能です。

このように、おまとめローンを利用すると、借金の返済を一本化することで毎月の負担額を減らせる可能性があるのです。

おまとめローンで借金を一本化するデメリット

ただし、おまとめローンにも利息はつくので、返済期間が延びることによって返済総額が増えてしまうというデメリットはあります。

さきほどの借金200万円の例でいうと、おまとめローンを使う前の返済総額は260万円程度ですが、おまとめローンを使うと返済総額は約284万円になり、約24万円余分に利息を払うことになります。

また、ほとんどの場合、おまとめローンは安定した収入がないと利用することができません。

ですので、おまとめローンを利用することで返済総額が増えると困るという場合や、安定した収入がないのでおまとめローンは利用できないという場合は、債務整理を検討したほうがよいでしょう。

債務整理では、借金の利息を全額カットしてもらったり、元本を減額してもらったり、借金そのものをなくしてもらったりできます。

弁護士などに依頼すればやり方を教えてもらえるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

おまとめローンで借金を一本化すると、毎月の返済額を小さく抑えて返済の負担を軽減できる可能性があります。

しかし、おまとめローンにも利息はつくので、返済期間を長期に設定した場合、返済総額は今より増えてしまう場合も多いです。

また、安定した収入がない人はおまとめローンを利用できません。

おまとめローンを使うことができない人は、借金減額のための正式な手続きである債務整理を検討したほうがよいでしょう。