債務整理後はいつからクレジットカードやローンを利用できる?

債務整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードやローンが使えなくなる、という情報を見たことがあるという人は多いと思います。

ここでは、債務整理をすると具体的にいつからクレジットカードの利用などができなくなるのか、再びクレジットカードの利用などができるようになるのはいつからかを説明していきます。

債務整理するといつからクレジットカードやローンが使えなくなる?

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、まず「受任通知」という、これから債務整理を始める旨を伝える通知が会社側に送られます。

会社側は受任通知を受け取ると、すぐにクレジットカードやローンを利用停止にします。

さらに、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に、この人は支払いができずに債務整理をした、という情報を登録します。

信用情報機関に加盟している会社はその情報を見ることができるので、受任通知の後は債務整理の対象とした会社以外の会社も、いつからクレジットカードやローンが利用停止になってもおかしくない状態になります

債務整理後再びクレジットカードやローンが使えるようになるのはいつから?

信用情報機関に登録されている情報は永久に消えないわけではなく、任意整理であれば5、個人再生や自己破産であれば510が経過すれば、債務整理の情報が削除されて再びクレジットカードやローンが利用できるようになります。

信用情報機関から債務整理の情報が削除されたかどうかを確認するには、信用情報機関に信用情報の開示請求を行う必要があります。

信用情報機関にはJICCCICJBAKSC3つがあり、JICCCICはインターネットでの開示請求に加えて郵送と窓口での開示請求を受け付けています。

JBAは郵送でのみ信用情報の開示請求を行うことができます。

確実にクレジットカードを作ったりローンを組んだりしたい人は、審査を受ける前にまず信用情報の開示請求をしておくとよいでしょう。

まとめ

債務整理を始めると、まず会社側へ受任通知が送られます。

受任通知を受け取った会社はすぐにクレジットカードやローンを利用停止にしたうえ、信用情報機関に債務整理の情報を登録します。

そのため、受任通知の後はどの会社もいつからクレジットカードやローンが利用停止になってもおかしくない状態になります。

債務整理の後は、任意整理であれば約5年、個人再生や自己破産であれば約510年が経過すると、再びクレジットカードやローンが使えるようになります。

確実に審査に受かりたければ、あらかじめ信用情報機関に信用情報の開示請求を行うとよいでしょう。

債務整理とは?国が認めた正式な借金減額の手続き

このページを見ている人の中には、返しきれない借金を抱えて「なんとか返済方法を見つけたい」と思っている人も少なからずいると思います。

借金が返済できそうにない場合、「債務整理」という方法で借金減額をしてもらうことが可能です。

債務整理とは国が認めた正式な借金減額の手続きなので、安全に借金問題を解決することができるのです。

債務整理とは?法律で認められている借金減額の方法

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産3種類があり、どれも国が正式に借金減額の手続きとして認めている方法です。

債務整理は法律的な裏付けのある正式な手続きですので、安心して借金減額をしてもらうことができるのです。

一般的には、債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うことになりますが、本人に難しい知識は必要なく、手続きの大部分は弁護士や司法書士が行ってくれます。

任意整理とは?最も簡単にできる債務整理

任意整理とは、弁護士や司法書士に自分の代理人としてお金を借りた会社と交渉してもらい、利息・遅延損害金の全額カット返済期間の延長(60回払い程度)を実現する債務整理です。

任意整理は、正式に依頼した後で本人がやらなければならないことがほとんどなく、デメリットも少ないため、最も手軽にできる債務整理であると言えます。

★個人再生とは?元本を大幅に減額してもらえる債務整理

個人再生とは、裁判所に申し立てて借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、35年かけて返済していく債務整理です。

個人再生では任意整理よりも大きな借金減額効果が見込めるので、利息のカットだけでは完済できないという借金も完済することが可能です。

自己破産とは?借金そのものがなくなる最強の債務整理

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金などの支払義務を免除してもらう債務整理です。

他の債務整理と違って借金が0円になるため、収入が少ない人やまったくない人でも自己破産を利用すれば借金問題を解決できます。

まとめ

借金を返しきれない場合、国が認めた正式な借金減額の手続きである債務整理を利用することで、完済への道を開くことができます。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、いずれも弁護士や司法書士に依頼して行うことがほとんどです。

任意整理は最も手軽にできる債務整理、個人再生は元本を大幅に減額できる債務整理、自己破産は借金そのものをなくせる債務整理といったように、債務整理にはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあるので、自分に最も合ったものを選ぶのが大切です。

三重で債務整理におすすめの弁護士