任意整理後も携帯やスマホを使いたい人が気を付けること

「任意整理をするとブラックリストに載る」という情報は広く知られているので、「任意整理をすると携帯やスマホが使えなくなるのではないか」という不安を持っている人は少なからずいます。

任意整理でそれまで使っていた携帯やスマホが使えなくなることは確かにあるのですが、やり方に気を付ければ携帯やスマホを使い続けながら任意整理することは十分に可能です。

携帯やスマホの利用料を任意整理の対象にするとどうなる?

携帯代やスマホ代に滞納がある場合、滞納を任意整理の対象に含めることで、遅延損害金(延滞金)を0円にしてもらうことなどができます。

ドコモ払い、auかんたん決済、まとめて支払いなどの「キャリア決済」「スマート決済」で使い過ぎてしまった料金も、任意整理の対象にすることは可能です。

ただし、携帯代やスマホ代を任意整理の対象とした場合、電気通信事業者協会(TCA)に任意整理の情報が登録されて「TCAブラック」になるため、どこの携帯会社でも一定期間、回線契約ができなくなります

なお、任意整理の対象とした携帯会社では、永久的に任意整理の情報が登録される「自社ブラック」という状態になるため、TCAブラックが解除されても携帯電話の新規契約ができません

携帯代やスマホ代はできるだけ任意整理の対象から外そう

任意整理では、対象に含める借金や支払いを自由に選ぶことができるので、携帯代やスマホ代を対象から外し、他の借金のみを整理することが可能です。

ですので、銀行やクレジットカード会社、消費者金融からの借金のみを任意整理で減額してもらい、家計に余裕を作ることで、携帯代やスマホ代の滞納を解消できるようにすることをおすすめします。

任意整理後は携帯やスマホの分割購入ができなくなる

任意整理をすると、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、約5年間ブラックリスト状態になります。

ブラックリストに載っている間は、携帯やスマホの分割購入ができません。

この場合は、本体代を一括払いで支払えば、携帯やスマホの回線契約自体はできます。

まとめ

携帯やスマホの利用料に加え、スマート決済やキャリア決済と呼ばれる支払いも、任意整理で遅延損害金カットなどの措置を取ってもらうことは可能です。

ただし、携帯やスマホを任意整理するとTCAブラックになって一定期間回線契約ができなくなるうえ、任意整理の対象にした携帯会社では自社ブラックになるため、永久的に携帯やスマホの契約ができなくなります。

また、任意整理後は信用情報機関でもブラックリスト状態になるため、携帯やスマホの分割購入が約5年間できません。

携帯代は任意整理できる?デメリットも紹介

携帯電話をよく使う人の中には、携帯ゲームの課金でお金を使い過ぎてしまったり、クレジットカード払いにしていた携帯代を滞納してしまったりして、携帯代が支払えなくなる人もいます。

携帯代の支払いがつらいと思ったら、任意整理をすることで、高額な携帯代を60回払い程度の分割払いにしてもらい、毎月の負担を軽減することが可能です。

ここでは、携帯代の任意整理について説明した上で、携帯代を任意整理するデメリットについてもふれていきます。

携帯代も任意整理することはできる

携帯電話を使っていると、ゲーム内課金やネットショッピングをキャリア決済にして携帯代が高額になってしまったり、毎月の携帯代を滞納してしまって支払えなくなったりする人もいます。

そのような場合には、任意整理で携帯代を分割払いにしてもらうことで、支払いの負担を軽くすることができます。

例えば、キャリア決済の使い過ぎで携帯代が90万円になってしまった場合でも、任意整理をすると60回払い程度の分割払いにできるので、毎月の支払額は15000円で済みます。

また、携帯代を滞納してしまって遅延損害金が付いている場合でも、任意整理をすれば遅延損害金を全額カットしてもらうことが可能です。

携帯代を任意整理すると携帯電話は使えなくなる

携帯代を任意整理の対象とした場合、その携帯電話は使うことができなくなります

また、その携帯電話を提供していたキャリア(携帯電話会社)は「社内ブラック」として任意整理の情報を保持続けるため、以後そのキャリアで新規契約をすることも難しくなります

ちなみに、任意整理の場合は、整理の対象に含める借金を自分で自由に選ぶことができます。

そのため、携帯代を任意整理の対象から外し、他の支払いや借金だけを減額してもらうということも可能です。

他の支払いや借金のせいで携帯代が払えないという人は、携帯代以外の支払いを任意整理することも考えてみるとよいでしょう。

まとめ

ゲーム内課金などのキャリア決済や滞納してしまった携帯代も含め、携帯代は任意整理で60回払い程度の分割払いにしてもらうことができます。

また、携帯代を滞納していて遅延損害金が付いている場合でも、任意整理すれば遅延損害金を0円にしてもらえます。

ただし、携帯代を任意整理すると、その携帯電話が使えなくなるうえ、その携帯電話のキャリアでの新規契約もできなくなります。

任意整理では携帯代を対象から外して他の支払いや借金だけ整理することも可能なので、携帯代以外の支払いがつらいという人は検討してみるとよいでしょう。

任意整理の経験者はクレジットカードやローンを利用できない?

「任意整理をするとクレジットカードやローンを利用できなくなる」という情報を見たことがある人は多いと思います。

実際には、任意整理の経験者でも一定期間が経てば任意整理をする前と同じ状態に戻るので、クレジットカードやローンを利用できるようになります。

ここでは、任意整理の経験者がクレジットカードやローンを利用できない期間について説明したうえで、不便さを感じずに生活するためのコツも併せて紹介していきます。

任意整理の経験者がクレジットカードカードやローンを利用できない期間

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングで新規に借金をすること、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になること、賃貸契約を結ぶときに信販系の保証会社を利用することができなくなります。

しかし、任意整理の経験者だからといって、永久的に制限を受け続けるわけではありません。

任意整理でブラックリストに載る期間は5年間で、この期間が過ぎると信用情報機関に登録された情報が削除され、元通りにクレジットカードの利用などができるようになります。

任意整理の経験者が不便さを感じずに生活するコツ

任意整理の経験者の大半が実践していることですが、クレジットカードが使えなくなるので、代わりとして使えるデビットカードやプリペイドカードを作っておくと便利です。

デビットカードとは、支払いをすると即座に口座から代金が引き落とされるカードです。

一方、プリペイドカードとは、SUICAのようにあらかじめお金をチャージしておくことで、チャージした金額のぶんだけ支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBなどのブランドのものがあり、分割払いはできないものの、クレジットカードと似た使用感で使うことが可能です。

まとめ

任意整理の経験者は約5年間ブラックリストに載り、クレジットカードの利用や新規の借金、分割払いでモノを買うことなどができなくなる制限を受けます。

任意整理の経験者が実践しているブラックリスト対策として、デビットカードやプリペイドカードを作っておき、クレジットカードの代わりとして使うという方法があります。

任意整理のデメリットは5つだけ!賢くデメリットを軽減しよう

借金問題に苦しむ人の中には、「任意整理をしたいけれどデメリットが気になってできない」という人も少なくないと思います。

この記事では、任意整理のデメリットが気になる人にこそ読んでほしいと考え、任意整理にはデメリットが5つあることと、最大のデメリットであるクレジットカードの利用停止にはいくつかの対策ができることを説明していきます。

任意整理の5つのデメリット

任意整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」という機関に任意整理の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。

ブラックリストになると、クレジットカードが利用停止になる、ローンやキャッシングで借金ができない、スマホなどの分割払いができない、借金の保証人になれない、信販系の家賃保証会社が利用できないという5つのデメリットを受けることになります。

任意整理で最大のデメリット「クレジットカード利用停止」の対策

任意整理をすると、今持っているクレジットカードがすべて利用停止になり、新規でクレジットカードを発行してもらうこともできなくなります。

そのため、公共料金やスマホ代などの毎月の支払いをクレジットカード払いにしている人は、任意整理する前に支払方法を口座引落やコンビニ払いなどに変更しておきましょう。

また、インターネット決済などでクレジットカードを使うことが多い人の場合は、デビットカードやプリペイドカードを作っておくことで、クレジットカードが使えない不便さを軽減することができます。

デビットカードは支払いをするとすぐに口座から代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードはあらかじめチャージしておいた金額の範囲内で支払いができるカードです。

どちらもVISAJCBといったメジャーなブランドのものがあり、クレジットカードと大きさや見た目も変わらないので、分割払いやリボ払いができないということを除けば、同じような使用感で使うことができます。

まとめ

任意整理をするとブラックリストに載るため、クレジットカードの利用停止、ローンやキャッシングで借金ができない、分割払いができない、保証人になれない、信販系の家賃保証会社が使えないという5つのデメリットを受けます。

そのうち、クレジットカードの利用停止については、毎月の支払いは事前に口座引落などに変更しておくことと、デビットカードやプリペイドカードを作ることで、不便さをかなり軽減することが可能です。