親が自己破産すると子どもにどんな影響が出る?

自己破産を考えている人の中には、子どもがいるという人も少なからずいます。

そうした人が、「親が自己破産すると子どもに悪い影響が出るのではないか」と心配になるのは自然なことでしょう。

しかし、親が自己破産することで子どもが影響を受けるケースというのは、意外に少なかったりします。

ここでは、親が自己破産すると子どもに影響が出る場合と出ない場合とを説明していきます。

親が自己破産しても子どもにはあまり影響が出ない

よくある自己破産の誤解として、親が自己破産すると子どもの進学・就職・結婚などに影響が出るという話がありますが、自己破産したからといって子どもの将来に影響が出ることはほぼありません。

親が自己破産をしたからといって、戸籍や住民票などの公的な書類に親の自己破産という事実が記載されることは一切ありません。

また、自己破産した親はブラックリスト状態になってクレジットカードが約510年間使えなくなりますが、この制限はあくまでも本人しか対象にならないため、子どもは問題なくクレジットカードを作ったり使ったりできます

親が自己破産することで子どもに影響が出る場合

親に持ち家がある場合、自己破産すると持ち家を手放さなければならなくなるため、新しく賃貸物件を探して引っ越しをする必要があります。この点では、子どもに影響があるといえるでしょう。

最も注意しなければならないのは、子どもが親の借金の保証人になっている場合です。

子どもが保証人になっている借金があるときに親が自己破産すると、その借金が整理されることで子どもに借金の残高が一括で請求されることになります。

子どもがそのお金を支払えなかった場合、子どもも債務整理するしかなくなってしまうので、この場合だけはかなり大きな影響が出ると言えるでしょう。

まとめ

親が自己破産をしたからといって、進学・就職・結婚といった子どもの将来に影響が出ることはほぼありません。

また、戸籍や住民票などの公的な書類に親が自己破産したという事実が記載されることもありません。

自己破産した親はブラックリストに載りますが、ブラックリストはあくまでも本人だけに制限がかかるものであるため、子どもは問題なくクレジットカードやローンを利用できます。

親が自己破産することで子どもに影響が出るのは、親の持ち家に住んでいる場合です。

持ち家は自己破産で処分されるので、賃貸物件への引っ越しをすることになるからです。

最も注意すべきなのは子どもが親の保証人になっている場合で、自己破産によって子どもに残高が一括請求されるため、子どもも債務整理するはめになることがあります。

自己破産後にお金を借りたいと思ったら読む3つのポイント

自己破産で借金をなくしたものの、お金のやりくりがうまくいかなかったり、急な出費があったりして、お金を借りたいと思う人は少なからずいます。

自己破産後はブラックリストに載るので大手の会社からお金を借りることはほぼ不可能ですが、中小の消費者金融であればお金を借りられる可能性もあります。

自己破産後はお金を借りたいと思っても借りられないことが多い

自己破産すると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に自己破産したという情報が登録されるため、いわゆるブラックリストに載った状態になり、新しくお金を借りることができなくなります。

自己破産でブラックリストに載る期間は、約510年間です。

この期間は、三井住友銀行やみずほ銀行といった大手銀行、イオンカードやエポスカードなどクレジットカードのキャッシング枠、アイフルやアコムなどの大手消費者金融でお金を借りたいと思っても、ほぼ100%審査に落ちてしまいます

自己破産後にお金を借りたいと思ったら借入先を選ぼう

自己破産した後でどうしてもお金を借りたい場合、借入先はしっかり選ぶ必要があります。

前述のとおり、大手の会社は信用情報機関の情報を見て自己破産の情報があれば審査で落としてきますので、お金を借りることができません。

とはいえ、ヤミ金といわれる違法な業者からお金を借りてしまうと、違法な取り立てや法外な利息といった被害に遭ってしまいます。

自己破産したあとでやむを得ずお金を借りたいとしたら、中小の消費者金融で借りるのが一番よいでしょう。

自己破産の後でお金を借りたいと思った時の味方は中小消費者金融

あまり名前を聞いたことはないかもしれませんが、消費者金融として正式に事業を行っている中小企業には、フクホー、フタバ、アロー、セントラルといった会社があります。

中小の消費者金融では、実際に消費者金融のスタッフと対面して審査が行われ、「自己破産をしたのはなぜか」「最近の家計状況はどのような感じか」といった質問がされます。

こうした対面形式の審査に通れば、自己破産後のブラックリスト期間であっても、お金を借りることが可能なのです。

まとめ

自己破産をすると約510年間ブラックリストに載り、新しく借金をすることができなくなります。

この期間にお金を借りたいと思っても、大手の会社では審査に落ちてしまいますし、ヤミ金に引っかかると被害に遭ってしまいます。

自己破産後にお金を借りたいと思ったら、中小の消費者金融を当たってみるのがよいでしょう。

西宮で自己破産に強いおすすめの司法書士